保育士の求人の実情を紹介

近年は女性の社会進出により、共働きの家庭が増えています。

そのため保育士の求人数も過去にないぐらい増えています。

採用されるために必須なのは保育士の資格です。

それ以外の資格を求めてくる保育園や保育所はほとんどありません。

しかし採用試験を受けるときには、特技を確かめられることが多いです。
例えば何か楽器が得意であれば採用されやすくなります。

最もスタンダードなのはピアノやオルガンなどの鍵盤楽器ですが、近年ではその他の楽器でも高く評価されることが増えています。特に、男性の保育士が増えている影響もあり、ギターの演奏ができる人も採用される数が増えています。

保育士は、中途採用が多いことでも有名です。

その場合の立場は臨時職員ということになります。

契約期間が決まっていることが他の職員との違いですが、それ以外に大きな差はありません。

給与面においても金額が劣ると言う事はありませんし、支払われる時期も同じです。

求人先によって、独特の給与体系であったり、個性的な方針があったりもするので、事前に十分確認することが大切です。応募する際には1つ気をつけなければならないことがあります。

公立の保育園の場合は年齢制限があることがあります。

臨時職員であれば年齢制限が緩いので、高齢の場合は臨時職員の求人に応募してみると良いでしょう。

最初は正職員として雇ってもらえなくても、臨時職員として働いていて実績を積んでから正職員になる手段もあります。

This entry was posted in 社会 and tagged . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *