他業種から転職したい人の保育士求人面接

他業種から保育士に転職したい場合は、面接で答えにくいことも質問される可能性が高いです。
千葉の保育士求人のサイトはこちらです。

もし以前の業種が、看護師や介護など福祉や看護など人のお世話をする仕事であれば、逆にアピールポイントとすることもできますが、全くの異業種から転職する場合には、一貫性を持たせるのに苦労する可能性があります。

例えば、以前は銀行員として働いていたけれども、結婚を機にして辞めて、育児がひと段落した女性の転職を考えてみます。

この場合ならば、金融系で働くという選択肢も十分考えられます。
それでもあえて正社員の保育士として働くには資格を取る必要があります。

そして求人面接までこぎつけたとします。

「なぜ他の業種から保育士になろうとしたのか」「他の職業でも良かったのではないか」などと答えづらい質問を受けた場合には、一貫性を持たせて積極的に答えることが大切です。

解答例としては、「育児を機会に、以前の業種よりも保育の現場に強い興味を持った」「以前の業種で身につけたお客様へのコミュニケーション能力を保護者との対話でも役立てていきたい」「社会状況の変化によって保育士としての仕事の重要性を感じた」などです。

一番良くないのは「なんとなく」「前の業種よりも良さそうな気がした」などという答えです。

このような答え方では、やる気がない、保育をなめていると思われても仕方ありません。
他業種から転職するならば、保育の仕事への情熱をアピールできるように準備しておきましょう。

This entry was posted in 社会 and tagged . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *